家事手伝いは仕事か?

今現在定職についていない人の職業は無職となりますが、中には家事手伝いと履歴書の職業欄に記載をする人もいるようです。果たして家事手伝いというのは職業なのでしょうか?

実は家事手伝いとを堂々と仕事として職業欄に記載をすることが認められている人たちもいます。その条件の一つが、独身であるというものがあります。つまり、既婚者の場合にはその時点で家事手伝いと職業欄に記載をするのはNGということになります。

では独身者であればだれでも家事手伝いになれるのかというと、同じ独身でも女性に限り、さらに結婚のための家事習得のために家事を担っているか、母親など家事を主に担っている人が病気などで家事が担えないために、代わりに家事を担っているか、実家が自営業などでその仕事を手伝っているといったケースが該当することになります。ただ定職についていない人というわけではないということが分かります。

こう考えると、家事手伝いというのも実はりっぱな仕事をしている状態ということもできますね。主婦とは記載することが出来ない独身女性が、家事を担っている状態が家事手伝いです。どうどうと職業欄に記載しても問題はないということが出来そうです。